HIVの予防薬にかかる費用は?

HIVの予防

結論から言うと、

HIV予防薬であるツルバダのジェネリック品 テンビル(TENVIR-EM)を個人輸入代行業者にお願いして、購入する方法が一番安いです!購入は普通にカートに追加して決済すれば、買うことができます。1か月6000円~可能です。

では、それ以外の方法を見ていきましょう。

HIV予防薬『ツルバダ』の購入費用

日本では現在HIVの予防薬を購入する方法は3種類あります。

基本的にはHIV予防薬である『ツルバダ』を1日1錠飲む方法が一般的ですので、ツルバダが1か月に30錠必要となります。購入方法は

1つ目は、専門のクリニックに受診する。→1か月 20万円ほど

2つ目は、海外に行き、HIV予防薬を購入する→1か月 4~5万円(台湾) 

3つ目は、個人輸入代行業者を使いHIV予防薬のジェネリックを個人輸入する。→1か月 6000円くらい

どの方法を利用するかは、人それぞれですが、1か月の支出となると20万円は高いと思います。3つ目の方法が一番安く、手ごろではないでしょうか?

HIV予防薬(ツルバダジェネリック)を安く買うには?

HIV予防薬であるツルバダのジェネリック品 テンビル(TENVIR-EM)を個人輸入代行業者にお願いして、購入する方法が一番安いです!↓ ↓ ↓

※テンビルEMは、CIPLA社というインドにある製薬会社が作っており、ジェネリック医薬品の筆頭メーカーとしても知られています。発展途上国向けのHIV治療薬の低価格の製造でも有名です。有名メーカーの商品なので安心です。

HIV予防の2種類の方法 デイリープレップ

基本的には、すべてHIV予防薬を飲む方法です。飲み方が2種類あります。


1つ目は、1日1錠『HIV予防薬』を日ごろから飲み続けることで、ウィルスの増殖を抑える濃度を高めておく方法


この方法は、アメリカ疾病予防管理センターの研究データで90%以上の高い確率でHIVの感染が予防できるという調査結果が出ています。



オンデマンドプレップ・オンデマンドPrEP

もう一つは、オンデマンドPrEP療法と言われ、『HIV予防薬』を性交渉前2~24時間前に2錠+24時間後1錠+48時間後1錠飲むというもの


このオンデマンドPrEP療法は米医学誌「ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」の報告では、感染が86%防げたというものです。

オンデマンドPrEP療法のほうが、HIV予防薬を沢山飲まなくてよいメリットがあります。

ツルバダ配合錠ジェネリックの個人輸入なら
ツルバダ配合錠のジェネリックの個人輸入ならオオサカ堂
HIVの予防
テンビルEM(ツルバダジェネリック)個人輸入
タイトルとURLをコピーしました