PrEP(HIV予防法)する前に・・

HIVの予防

PrEPを始める前に・・・

PrEPは、HIVの予防薬を飲むことでHIVを予防する方法のことですが、この薬を飲む前にしなければならないことがいくつかあります。

まず

HIVにかかっていないことを検査する

・肝臓・腎機能の検査

・B型肝炎にかかっていないことを検査する

HIVに既に罹患している場合、適切な薬を飲まないと耐性ができてしまう可能性があるので、まずHIVに罹患しているかどうかの検査を専門の場所で受ける必要があります。

PrEPの薬には、 副作用に腎臓への影響が報告されています。始める前に腎機能・肝機能を☑しておきましょう。自己負担になりますが、一般的なクリニックで数千円くらいで検査が可能です。

PrEPの薬はHIVとB型肝炎に作用します。B型肝炎にかかっている場合は医師の相談が必要不可欠です。PrEPの薬は、B型肝炎の治療薬の成分テノホビルが含まれているので副次的な効果として、B型肝炎を防ぐ可能性が高いです。しかしB型肝炎にすでに罹患している方が、PrEPの薬をやめたときにB型肝炎が急激に悪化する可能性があります。

PeRPをはじめてからすること

PrEPを始めたら、

①3か月に1度のHIV検査が必要です。

万が一、PREPをしていてもHIVに感染してしまったらHIV予防薬だけでは薬の耐性ができてしまう可能性があります。HIVに感染していることが判明したらすぐに病院で適切な処置を受けましょう。

②定期的な腎臓の機能検査が必要です。

PrEPの薬には副作用として、腎臓の機能低下が報告されています。定期的に腎機能を検査しましょう。実費での検査になりますが、肝臓・腎臓の検査は比較的安く行っているクリニックが沢山あります。

PrEPの副作用

短期的なものに、頭痛・吐き気・下痢・腹痛・けいれんなど

長期的なもの、腎機能障害・骨塩減少などがあります。

ツルバダ配合錠ジェネリックの個人輸入なら
ツルバダ配合錠のジェネリックの個人輸入ならオオサカ堂
HIVの予防
テンビルEM(ツルバダジェネリック)個人輸入
タイトルとURLをコピーしました